リンゴの落下。

某人間の某思考がどうなっているのか。

あぐれっしぶ2018

明けましておめでとうございます。
2018年となりました本年も、昨年同様共に楽しんでいけるよう願うと共に、改めまして皆々様にも共に楽しんでくださいますようお願いいたします。

 

ここまで思いついた文章を書きなぐってみました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

感覚の話ですが、2017ってどことなく奇妙な文字列で「2018年に早くなんねえかな」とか言うことを2016年の年末頃にぼやいていた事があります。・・・なんだ奇妙な文字列って。別に共感覚(ある刺激に対して複数の種類の感覚を得る知覚現象。文字が色を持ったりするらしい。かっこいいい。)があるわけではないんですけども。
そういう意味では2018年っていうその文字列はわたしからすれば気味のいい数字なのかもしれません。
いや気味がいいんじゃなくて切りがいいだけだろ、ってね☆

 

 

・・・いいオチができました。もう寝てもいいですか。
まあもういくつ寝ても2018年であることには変わらないようです。

年末をどのように過ごしたかは皆様それぞれであるとは思いますが、私は23帰省→26カムバック→30帰省→5カムバックという形と相成り。

芸能人バリの過密スケジュールの中、動いていた中で様々なモノに出会う事ができました。

 

その中でも最も大きな思い出が

「LAWSON presents 雨宮天ライブ2017 “Aggressive SKY” 」でした。
今回はその話。前置きが長かった割には満足なので文句は会って本人にお願いします。

 

 

本当に楽しかった。一年分笑った。
ライブ終了後にそう言ったのを覚えています。
事実そう思っています。年の瀬にそういうのは簡単だけどね。
それを加味してもそう思えたのです。

 

ライブの感想を具体的に。
事前の情報としては「コネクト(ClariS)が歌われている」ということくらい。

5曲目「RAINBOW」は前回のライブでは最後に歌われた曲。その曲がここにくる、という衝撃は「おあっ?」というぼやき声として口から出ました。(連番の方に聞こえていなかった事を祈ります。ご迷惑をかけるわけにはいかないので。)ラスト感あるなあって笑いながら聴いてました。

8曲目「High Free Sprits(TrySail)」の圧たるや。
こういったカバーソングは人数が減るために音の厚みってものがなくなってどこかしら寂しいものですが、それに打ち勝とうと全力なのが感じ取れました。
にしてもほかのメンバーが歌っている部分で天さんの声が聴けるのはどこか違和感があって面白いですね。

 

続いての9曲目「月灯り」から12曲目「irodori」までの4曲間の感動を書き連ねる事は難しいです。本当にただこの演出に感動し、素晴らしい瞬間を見られ感謝しております。


私的に雨宮天という1アーティストは、しっとりとした世界観の中にある感情を歌い上げられる声であると思っているので、「羽根輪舞」はオレの理想像の一つでもあります。
そしてそれを確信と変えたのが前回のライブでの演出。まさかこの一曲をこう表現するとは。まさかこれほどまでにこの楽曲に合う演出があったとは。

それほどまでに感動したあの瞬間にまた違う形で出会う事になりました。
今回のダンサーの演出も、綺麗で落ち着いて、どこか寂しげな世界観を披露してくださいました。

そして同系統の楽曲でありながら全く違う様相を見せる「irodori」もまた美しい。発表から披露まで本当に楽しみにしていましたし、各ライブで鑑賞出来る機会がたまらなく楽しみでした。それをソロライブの場で聴けた事、感謝しております。

 

18曲目「チョ・イ・ス」。なんとなく久しい。この曲は本当に可愛いですよね。
振り付けもそうですが、本人が超笑っている所もすごくいい。こっちも釣られて笑ってしまっています。指差しピョン、指差しピョン、指差しクルクルクルクルピョンです。

 

 

ざっと感想を書かせていただきました。

改めて本当に面白かったし、感動したし、笑ったし・・・・。
本当に嬉しかったです。

 

このライブを見られた事、雨宮天さんが楽曲を歌っている事、その楽曲たちを聴ける事、その空間を丸ごと楽しめている事、全てに感謝しております。
願わくばこれからも活動してくださる事を。

連番してくださった方、会場でお会いした方にも重ねて感謝でございます。
楽しみを共にできた事、本当に嬉しいです。

 

 

っとここで話は少し変わります。
ライブの楽しみ方の話で、私は「一緒に歌う(口パク)」ってのをやってます。
先日他のアーティストのライブで隣の方が一緒に歌う(歌う)って人がいて「なるほど一緒に声に出して歌う・・・・そういうのもあるのか」って思ったものです。
いや、色々な方がいらっしゃるので周りの方に聞こえない範囲で歌うのが一番だと思います。ハイ。

「自分の椅子の空間くらいでやってることは許容」ってのがスタンスなので、そこから声が漏れてると危ないかもですね。ハイ。

明言は避けるけど言いたい事言う時は語尾に「ハイ」って付けておくと、話題を切ってる感じが出ていいですね。

 

 

閑話休題。といっても文もたけなわですけど。

 

これからの一年はどう過ごしましょう。
頭から学生気分が抜けないので年度単位で年を考えます。
2018年度を生き抜くためにはこれからの準備がかかせない・・・。生きねば。

 

小さな目標としては「シャキシャキリンゴ診断の診断数3,000人突破」です。
といっても意外とハイペースでこなしているらしい。近いかもしれない。

 

ブログとしての目標は「一度書いた文章を消さない」ことですね。
書きなぐりながらこっちのが表現が面白いって事で書き直す事が多々あるので、それを少なくする事が出来れば・・・と思います。書きなぐってるペースが下がるし、勢いってものが無くなるのでね、それはいかんなと。遺憾だなと。

 

自転車でもっと色々行ったり、ご飯食べまくったり、楽しもうと思います。
一人でも、複数人でもそう、ですね。

 

 

それでは、皆様。
本年も楽しんでいきましょう。