リンゴの落下。

某人間の思考録。

ブログ解説一周年。

一年続くとは思ってました。だって何して無くても日は続くからね。

・・・・ここまで書いてタイトルの誤字に気が付きました。
「開設」であるべきなのですが、書き始めた勢いを失いたくないのでこのまま書き続けます。なんだか気に入ってきました。ブログ解説1周年。

一年でのブログ投稿数は48。花札の一組の枚数が48です。
私は雨の門(編集注:調べたところ、柳のカス札でした。更に細かく調べたところ門でもなんでも無かった。太鼓が左下に書いてある赤と黒色の札です。)が好きでした。あんなきらびやかな花札の中に荘厳な門があるのが、なにかいびつで好きでした。

人間は恐怖の経験をよく覚えているそうですね。「恐怖であった経験を覚えておくことで次回同様の場面に遭遇した時に判断を早める/生存率を高めるため」といった概要だったはず。たしかにたしかに。かにかに。
私の祖父母家には能面が飾られているのですが、夜中に見てしまった時の恐怖感は今でも覚えてますね。
「生きる」に対して「死ぬ」があるわけなので、違和感や恐怖(=死に近づく要素)は避けるように出来てる、という発想は当然といえば当然。

あまりにも閑話が多くて、勢いが緩和しかねないので次。
アクセス総数が1169。えーぐぐったりしたんですけど、特にトピックが無かったのでスルー。

 

 

ざっと計算して1投稿に対して24アクセスくらいあったそうです。
私の囲いはきっと24人くらいということですね。・・・イマドキ囲いとか言わないか。フォロワーとか言うのかな。24人の囲いの皆さんには多大なる感謝を。

 

 

ちなみに覚えてる範囲でアクセスの多かった投稿は

下の5記事くらいでしょうか。あとでリンク貼っておきます。 

4月末頃に買った「NintendoSwitch」関連の投稿は比較的アクセスが多かったと思います。投稿前後に友人たちとたくさんプレイした印象です。

また旅系統の記事は画像映えということもあって、アクセスが伸びてますね。

ぜひテキトーに御覧ください。いつ見てもテキトーな記事が見られます。

 

 

 

このブログを始めて1年経ち、「動画や写真だけでなく、文章としてもマトモなことを書いて、感じた事を書き連ねる」ことが少しは出来るようになって・・・別にそういうわけでもなかった。何も変わってないし、何も成長が見られない。いつもやってたからね。書くことに対して何かが大きく変わったことはなくて。でも書いているってこと自体は結構楽しいですよ。感じたことを文章に起こすと、その時どう思っていたか、どう感じようとしていたか、ってのが改めて大きく感じられます(そのためか誇張表現が無いとは言い切れないのが悔しいですが)。

 


このブログってどんな人にウケてるんだろ。なんか「見やすい!」「つまんな!」「もう少し誹謗中傷かけ」「いつになったら長文メモツイーヨするんすか」みたいな感想ないんですかみなさん。フォロワーの皆さんや。

 

このブログが二年目っていうよりも、自分が書いていく文章がまた多くなってきた。年輪が刻まれてきた、って考えていきたいですね。あくまでブログなんてのは手段であってホントなんでもいいんですよ。最近動画の配信プラットフォームが増えてきたけど、元々物書きのプラットフォームなんて無数にあるわけですし。

 

改めてものを書いていく中で、言葉遣いであったり、礼儀作法であったり、一見関連性のないけど、個人として大切にしていきたいものを大切にします。
お腹痛かったら物書く気持ちになんてならないでしょ?
お腹痛かったらTwitterするもん。(?)

 

 

よかったらこれからも見てくださいね。

 

 

 

以下、アクセス数の多かった(ような気がする)記事たち


 

 

Nintendo Laboは新たなアソビ。第2章。

まるで連載第二回のように語る回。
前回の記事ではそれらしい終わりをしたので、皆さま期待しているだろうと次の記事を作成いたしました。実際にNintendo Laboで遊んだのは先週の土曜日となります。つい昨日まで大阪にいたのら。

 

正直、デカイ。デカすぎる。そして重い。
最初から想像をぶち壊していくNintendo Labo

 


内容物は
・カートリッジ
・大量の段ボール
って感じ。いやそりゃ重い。ちなみにガワも段ボール。オモオモ。
これ、ガワの塗装がNintendo Laboじゃなきゃ引越し前に空き段ボール持ってる人だよ。

・・・何言ってるのかわからなくなってきたから次。

 

 

今回2セットあったので両方購入しておきました。
そのうち1セット目のバラエティキットを開封。
早速作成に取り掛かる。
余談ですが、今回は3〜4人ほどで楽しく作成いたしました。
皆さまご協力ありがとうございました。

 

 

「最初に作るのはリモコンカーがオススメ!」(作成時間およそ10分)
って言われたので素直にリモコンカー作成へ

作る動画ってのはどういうことかというと。
段ボールを織り込んだりする作業をソフト内動画で簡単に指示してくれます。
しかもボタンを押すことで「進む」「戻る」「早送り」「早戻り」も出来る。

 

 

折り紙を折るような作業がドンドン進んでいきます。

段ボール折っていくだけでこんな形になって、動き始めるなんてにわかには信じ難いけど・・・。
みんなで作りながらTV画面とにらめっこです。

わくわくさんを見ながらオモチャを作るときってこんなかんじなんだろうか?

 

 

作る動画のナレーションが結構面白いです。作成中もいろんなテンションでこちらを楽しませてくれるし、何より親切。一つの製作に何ステップあるのか、どこまでできたのかを分かりやすく教えてくれます。ちょくちょく休憩を促され、こちらも休みを挟みながら集中を切らさず楽しむことができました。

 

 

 

・・・・・こういったものを書きながら動画というモノの偉大さを感じます。自分がどう楽しんでるかを超簡単に伝えられますからね。あえて自分は文字で表現しているつもりなのですが、私個人としても動画で伝えるのは「デキそう」だと思っているのでなんとも言えないなあ。

 

 

閑話休題。早速完成したリモコンカーで遊びます。

 

Joy−conを2セット用意してリモコンカーを二機作成。一端末で2台まで同時に扱えるので、押し相撲をしてみました。ちなみに画面左が「リン号(リンゴとGOがかかってる)(書いてて恥ずかしい)」、画面右が「杉下右京」です。異色のコラボ。

 

リモコンカーはJoy-Conの振動が段ボールを伝わって動きます。振動の強弱を変える事でより細かい動きも可能です。

しかしこのリモコンカー、タダでは終わらない。

 

 

 

実はカメラがついている。

そして自動運転をするのだ。

 

 

靴の後ろにつけたマーカーシールは自転車に付けたりする反射シール。こちらから反射される光を感知して自動で追いかけます。

 

 

 

Nintendo Laboで遊ぶ新しいアソビ。

 

第2章ではリモコンカーで遊びました。ちなみにこの反射シールを電車のレールのように敷けばよりオモロい動きをするのだとか。

元々作った遊びにプラスワンして遊びを拡張するのは、小学生の頃に元気っ子が「いいこと思いついた!」って言うのとなんか似てますよね。

何かしらのプラスワンを考えたいけど・・・何をすれば面白くなるかな?
リモコンカーレースとかどうすかね?

 

 

 

次回は何を作ろうか。

作ってワクワク、第3章もお楽しみに。

 

 

 

 

最後に。

私も感化されてノリに乗ってみました。

 

 

 

 

刮目せよ!!!!!!!!

わかりますか、これ。

 

簡単に言うと「馬の頭の先に人参ぶら下げた」訳です。反射シールを感知し、追いかけるリモコンカー。しかし距離は縮まらない。

 

嗚呼恋とは哀しきもの哉…。

 

 

 

 

Nintendo Labo は新たなアソビ。あらすじ。

題名の通り、Nintendo Laboを購入いたしました。

f:id:shaki2apple:20180427095932j:image

4/20に発売されたNintendo Laboは簡単に紹介すると
「 段ボール × Nintendo Switch = †卍 無限の可能性 卍† 
みたいなもの。卍と†ってカッコいいよね。

 

 

ところで皆さん。ロボットの真似で遊んだことありますか?電車ごっこをしたことは?チョロQで遊んだことは?・・・・Nintendo Switchで「それ」をしてみようじゃないか。

 

 

そんなゲームなんじゃないかと。

いやもはやゲームじゃなくて「遊び」なんだと思うのですけども。このNintendo Laboで遊んでいて、ちっとも「ゲームをした」なんて思いませんでした。

 

私の中にあるゲームというものは、画面越しにキャラクターが動いて、自身のキー入力に合わせて戦い、感情を共有するモノでしたが。

 

 

このNintendo Laboに関してはこれまでのそれとはまっっっっっっっったく異なる。

 

ゲームを組み立て、完成させ、遊び、体感する。
自分で作ったという達成感と、自分だけのオリジナルであるという超越感。好きなだけ組み合わせを生み出せる拡張性、遊べば遊ぶほど自身も刺激されて行く感覚。

 

 

ものすごい。

 

 

・・・・・これ。

どこまでが誇張なのか、とかただのダイレクトマーケティングかよキモ、とか信者かよ、とか思ってるのもったいないですよ。人のことをウダウダ言う気なんてないけど(人の言うことを気にできるほどNintendo Laboはよそ見をさせてくれないし)、どんな感情だとしても気になるならいくらでもオレの Switchを触ればいいと思います。

もちろん経験した感情が改めて文字になることで、記憶を大げさに書いていることは認めますが。

 

でも自分が作った泥団子は綺麗なものだと思います。自分で作った水遊びの水路はすごいと思います。

 

Nintendo Laboで改めて体験できたのですから。私にとっては傑作なのです。

 

さて今回はあらすじということで。細かい中身のことよりも、そもそもNintendo Laboがなんなのか、遊びながらどう思ったのか、これを遊んでみたことで何を感じ取ったのか、そういうことを書いてみました。

 

次回からは実際に組み上げたものを紹介していきたいと思います。
最初に組み上げたものは「リモコンカー」ということで車(的なナニカ)だったのですが。

もはやリモコンカーとかそういうもんじゃない。

 

 

 

・・・・君たちは自動運転をこなすリモコンカーを見たことがあるか?

 

 

 

それでは次回に続きます。

 

 

 

 

#揚げ物研究会 のアンケートがありました。


こういうものがありまして。
なんで。という質問にはお答え出来ませんが。

よろしければ回答していただくとして。

このアンケートの回答を一部、拝借することが出来たので。
それらを見ながら少し感想など。

  • 「揚げ物研究会を見て、そのご飯の価格は高そうだと感じますか?」

こちらの質問、実は結構気になっていて。いつもは学生のランチみたいなものも食べているのですが、私個人としては高価(というか少し高め)くらいの価格設定のものを写真に収め、投稿しているつもりでした。

回答は「普通」が50%ということで。特筆すべき点もないです。他の項目に対しても各10%程度で、まさに普通みたいな記録でした。なんでこれを初めに持ってきたのか。

 

  • 「添付画像は美味しそうに写っていますか?」

つづいてこちら。私個人として気になっている質問があったのでこちらも書いておきます。私はいつも公式アプリで編集(加工)できる範囲で投稿しております。他の人はどう投稿してるんだろ。
回答は「良い」が50%で、「良くない」は30%ってところでした。うむ。

  • 「投稿されたお店に行ったことはありますか?」

この質問、揚げ物研究会がどこまで視聴者に影響を及ぼしているのかが簡単にわかるのではないでしょうか。ちなみにこのアンケート回答者は20名弱なので、「どこまで」とか「視聴者」とかそういった大きな代名詞が合うようなものではありません。悪しからず。悪いやつなんていない。

さて回答。「行ったことがある(リピートしているお店がある)」が20%強!すごい。かつ「行ったことがある(一度くらい)」が40%弱なのでアンケートに答えてくださった方の6割はこのタグに影響されていると考えて良いでしょう。・・・ホンマ?

 

飽きたのでこのへんで。・・・飽きるな。

 

注釈。今回のアンケートの回答を拝見している中で特筆すべき回答項目がなければ「普通」に該当する回答の割合はほぼ除外してそれ以外を考慮しました。
つまり、普通以外の割合について面白かったものをブログに書いております。
ふつーじゃつまんないし。そういうわけです。

 

最後に。これすごい重要な報告なのですが。今回のアンケートに回答してくださった方の中に声優さん(の名前を騙った方)がいらして。私非常に感動しております。まさかこんないちオタクが作ったタグに関するアンケートなぞに回答していただき本当に感動してます。声優さん(を騙った方だと思う)もやっぱり何食べるかとか気になってるんだろなって。大学生の方もいらっしゃいますし。大事ですよね。

アンケート作成者も「まさか声優さん(本物かも知れない)が答えてくれるなんて揚げ物研究会冥利につきますね!!!」って言ってました。揚げ物研究会冥利ってなんですか?サラダ油の風呂に入るとか?

 

近況。「お前は1から100までつまんないなw」って言われました。
中身のある人間を目指しております。

完全ワイヤレスイヤホン「MUSE5」を買いました。

皆さん、完全ワイヤレスイヤホンってご存知ですか?
イヤホンの線が全部無くなって耳につける部分だけになった感じですな。


ERATOのMUSE5、これなんですよ

これを耳につけてポチーっとするだけで、あら不思議。音楽が聴けます。
いやいや。音楽が聴けなかったら何ができるんだ・・・?

 

使用感とかそういう話を。買うまでの流れも含めて。
東京に住み始めてから満員電車に遭遇する機会が増えて、そう、これがほんっとに許せなくてさーーーーなんでこんなに混雑するんだよまったくーーーー職場を集中させるからそうなってしまうんだろう???ぬうああああああああ

じゃなくて。満員電車に遭遇する時は、背負うカバンを前に抱えて電車に乗るようにしています。マナーなんだっけ。そーするとですよ。イヤホンが邪魔なんすよね。

 

以上。購入理由です。
まあなんか「最新機器に触れてミテェーーーー」みたいなのもあるよ。


購入する際の「自分の中の競合商品」はBOSESONYの完全ワイヤレスイヤホンでした。
それぞれの特性は、BOSEだとスポーツ寄りの製品で専用アプリを使ったペアリングが良かったり、SONYだとノイズキャンセリング(ちょっとカタカナに弱くて惹かれた)があったり、したわけなのですが。それぞれ価格が三万円台ということや、最初に買うモノとしてどこまで有用かを試せるラインとの相談で今回の製品にしました。

 

完全ワイヤレスイヤホンのかっこいいところ。
ケースがバッテリーになってる。バリカッコ良い。その仕組み、最高にクーーーール。クーーーリスト。なんならクーリッシュ。僕はカルピスウォーターボトルアイスが好きです。

このイヤホンも連続使用は4時間とのことですが、ケースがバッテリーになってるので、使わない時間はケースに収納しておけば問題なくイヤホンを使用できることでしょう。
ケースは、だいたい2〜3回分のバッテリーになるとお聞きしておりますのでね。ええことですわ。

 

さて続いて、防水機能がある。ということ。
耳につけている以外に留めている部分がないので、汗などで滑り落ちることがないようにそういった機能をつけているんでしょうね。雨くらいなら、汗かいたくらいなら問題はありませんよ。
洗濯物干してる時とか、皿洗ってる時とか便利でしょうね。・・・一人暮らしみたいな感想だ。

 

というかみなさんが気にしてそうなこと。
見た目とフィット感。
見た目はちょこんとしてます。BOSEのを選ばなかった理由は「あからさまにゴツい」ってのがあってね。「なんやこいつなんかAirPodsみたいなんつけとるけどなんなん?」みたいな感じに見えます。ちなみに色はぶるーです。
フィット感ね。ちゃんとついてるよ。・・・答えが曖昧だな。
軽く走る程度なら問題ないです。ヘドバンもしてみたけど問題なかった。・・・ところでヘドバンってどういう意味なんだ。(「ヘッドバンギング(head-banging)」ライブコンサートで見られる共鳴的動作の一つ、とのこと。)

最後の問題、音質について。
今持ってるイヤホンとそんな変わりないから問題なし。
回線が混雑していると音が聴こえなくなるという話があるので、それは試しますね。

 

 

とにかくMUSE5を買って楽しんでますという話でした。
新しいモノを手に入れることで何か自分に刺激があるのはいいことですよね。
刺激欲しいんですよね、子どもなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今期のアニメとか

というタイトルの下、最近見てるアニメやらドラマやら。
・・・ドラマ・・・・こいつドラマとか見てたんか。我ながらびっくり。

 

 

 

最近YouTubeサンドイッチマンジャルジャル(細かく話すと「彼らの所属会社」)のチャンネルでネタを見て笑って過ごしてます。
こういうのにもやっぱりTV直撮りしたモノが多いから、そういうものへの対処として公式なチャンネルの動画を見る。ちゃんと公式にお金が入らないと意味がないからね。
・・・と、ここまで書いて最近の違法DL問題にも影響しかねない問題だなって思いました。

ただコント番組みたいなものは公式のアーカイブが全然無くて、やっぱり有料配信サイトとか欲しくなりますね。ただそうなると、無料で放送できてしまう視聴者のカメラからの配信になってしまう。というわけですね。

 

 

・・・こんな真面目な事を書こうとしたわけではない。

ただこういうの書いたところで私は「相関図を書くこと」以上に出来る事がありません。
それは恐らく消費者としては誰だってそうなのですけど。出来るのは自身のボーダーラインで物事を考える事くらいですよ。

 

 

初めから閑話休題していた。本題です。
今期見ているアニメやら。ドラマやら。

以上の15本でした。・・・・・多くね?
今打ち込んでて「りゅうおうのおしごと!」だけ変換候補に出てきました。???

 

 

まだしっかりと見られてない作品もあるのですが、どれも面白いですよ。
面白いの定義は「おもちが膨れて幸せ〜〜〜〜〜〜〜」とか言ってる人間の尺度なので、その、あれ、お任せします。まあ一回見てみろって。

 

スロウスタート」の百地たまてちゃんがすごく、ものすごく可愛いので。ものすごく可愛いので。はい。ものすごい可愛いんですよ。うふふふふふふ。

 

 

オレが見たい作品、というか見続けたい作品ってのは絵が綺麗なものが多いかなーって思います。今回見た「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」も制作会社京都アニメーションの力あって世界が綺麗です。
絵が綺麗なモノを見たがるのは初見の時に抵抗感が薄いから、なのかな。独り言。

 

今回見てるアニメは原作を知ってるモノが多いかも?
「高木さん」とか「雨上がり」とか。この機会に触れた作品も多いので原作も読ませてくり〜〜〜〜〜てなる。

 

 

 

ほんで偶然、だけど見てる「トドメの接吻」ね。これ「キス」って読みます。
ウブな私にはキツい、読めない(20代 男性)

簡単に言うと「タイムリープ」ものです。

 

 

え???????

いやほんと。気になる人は見て。

ちなみにこの番組、有料配信サイト「Hulu」でタイムリープが失敗した時の様子を全く別の新作として配信してるとのこと。なるほどTV業界はこうして売り出していくのか。やるなあ。それも気になるんだけど、見れてない。

 

 

 

そんなこんなで2017年度最後のアニメクールを締めくくる事になるのです。
はてさてこれからどうなるのか。
ちなみに今「スロウスタート」の第3話を見て震えてる・・・このアニメ純粋な槍がある。感情のこもった言葉は突如槍と化して人間の心を貫くのじゃ。ゲイ・・・ボルク・・・っ!

 

そしてランサーは死ぬ・・・・・・・。

 

 

 

 

そういえばこのブログの目標「勢いの文章を消さない」が早速打ち砕かれました。
でもラップを文章で書いてもクスリともならないんじゃないかなあ。
このブログは備忘録の一つでもあるけど、誰か(見直してる自分自身も含めて)が「ほほぅ」とか「クスリ」と出来るものであればよいなあ。と思っているので。
少しくらいは消費される文章であればと思ってます。

 

今日はこの辺で。前記事で書いたように、ついに我が家に再実装された座椅子に持たれながら打ち込みましたとさ。

Ver.4.4「冬季アップデート」情報!

2018/01/21をもちまして、我が家はVer.4.4にアップデートしました!

  • 新規追加要素

①「座椅子」を追加しました。
今回からリビングに座椅子が追加され、一名が座椅子利用可能になりました。

・操作方法
頭部分、腰部分共に4段階の調節が可能です。
またこちらは最大に引いてから、好きな角度まで押して改めて引くことで、任意の角度で座椅子を調整できます。

②「」を追加しました。
新たに枕を追加しました。

 

  • 画像サンプル

f:id:shaki2apple:20180122222127j:image

 

  • その他の変更

今回のアップデートにより多少家が狭くなりましたが、大きな問題は起こっておりません。